セクキャバ/イチャキャバのお仕事解説なら【体入ねっと】にお任せ!1日体験入店・給与保証ありの風俗求人情報満載

セクキャバ/イチャキャバのお仕事解説

セクキャバのお仕事解説

「セクシーキャバクラ」「イチャイチャできるキャバクラ」の略称です。
「お触りパブ」「おっぱいパブ」と呼ばれることもあります。
普通のキャバクラと違い、ゆっくりとお酒と会話を楽しむというよりも、女の子のノリの良さや密着度が人気です。
性的サービスは勿論一切無いのですが(セクキャバでは軽いお触りはあり)、個室での接客ではなく、キャバクラ店内の席での対応になるので、顔バレや知人バレが心配の方は地元を避けたお店選びが重要です。

内容はお客様のお酒の相手や会話をしながら服や下着の上から身体を触らせて楽しんでもらうというキャバクラと風俗の中間に位置するような業種です。
服を着ている場合でも露出度の高いセクシーな物やコスプレが多く、セクキャバではショータイムと呼ばれるトップレスでの数分間の接客が含まれているようです。

風俗はちょっと・・・という女の子でも、キャバクラには抵抗がなければ高収入なアルバイトとして人気があります。

セクキャバ/イチャキャバの特徴

お触りありのキャバクラといったイメージ。
お触りといっても上半身のみの場合がほとんどで、下半身のデリケートな部分へのお触りは禁止にしているお店も多くあります。

キャバクラのシステムに準じていますが、お客様が女性の体を触るなどの行為を行えるなどの点でキャバクラとは異なります。
一般には、ソファーに座っている客の上へ女性が対面で乗り、女性が服を脱いだりキスをするといったサービスを行う店ですが、店舗によっては服または下着の上からのソフトタッチのみの場合もあります。
基本的にお客様が積極的に女性を触りますが、女性が積極的に男性客を触る「逆セクキャバ」(逆セクハラパブ)などもあり、一般的なセクシーパブの中にも「逆セクハラコース」を設けて、お客様がそのコースを選択した場合に「逆セクキャバ」のサービスを提供している店舗もあります。
最近ではお触りはナシだが密着度の高い「イチャキャバ」の新規オープンの方が多いようである。
他の風俗店とはと違いヌク(射精する)事を目的とせず、お酒を飲んで女の子とのイチャイチャを楽しんでもらうのが主な目的です。
エロさ、ノリの良さが求められるため、人気(指名)獲得のカギは容姿だけではありませんので、頑張り次第での高収入獲得のチャンスが◎。

ススキノ(札幌市)では「キャバクラ」と呼ばれる業種がこのセクシーパブに該当し、一般的なキャバクラは「ニュークラブ」と呼ばれています。
同義語として、セクシーパブ、お触りパブ、おっぱいパブ(おっパブ)、ハッスルパブ、類似店舗としてランジェリーパブ(衣装はランジェリーでキャバクラ同様にお触りは無し)等があります。
キャバクラ情報誌、キャバクラ情報サイト上ではセクシー系、エクストリーム系、エンターテインメント系などと分類されています。